2012年09月09日

Edit Edit

Supernatural Episode -2-

2あります!
『あるふりをしてないよりも、
ないふりをしてある方が粋ってもの』
というのはこじつけで、やっぱりスパナチュは面白い!




ストーリーの方は、公開するだけなんだけど、
今日Upするとアフォの三連投になるから明日にしようかな。。。
と考えている私。




 
では行くど! 
メンブログで読みたい方はココ




 まだ見つめてあっていたのか、あんたたち!
って、当然、昨日の場所から再開。


そう言えば昨日、
狼男をパジャマ姿にしようとしたら、


自分がなっていた妖精モニ。
「けっ!何をしやがんだい!狼男。」
「あれれ!?」



「ふん!面白くないね!」
「僕なんかしたのかなあ?」


お兄ちゃん・パコを、魔法使いっぽくと思ったんだけど、
なかなかいいのがなく、



中途半端なジプシーのような。。。
どうしたいきなり?
子供が欲しいのですか?
リル・ヴァンパイアもいじってみた。



まあまあだな。







この辺りで魔人・妖精カップルにカメラを戻すと、
イチャイチャしつつも、
プールがどうしたって?
こういうのって大抵悲しいお知らせなんだけど、
何も入ってきませんでした。知人じゃないのかな。
 


そして突然のように、家に帰ってしまった妖精を追う魔人。
「モニ待って〜。」
そう、欲しがっていた養蜂セットを買ってあげたので
そちらに吸引された妖精モニ。
魔人よ、あなたは蜂に負けました!
"蜂の一刺し"で。


ん?
何かいけない事でもしたのでしょうか?
 (私、誰かに謝らないといけない気が。。。
でも誰にだか思い出せない。)


勤勉な"ジプシー崩れの魔法使い"。



ご褒美に、箒を買ってあげました。
早くツバ付けないと、誰かに盗られるよ!
みんな乗れるんだから。



ご機嫌で"箒ドライブ"中。
 これスピード6だから、もっと早いのにしてあげればよかったかも。





そして突然の打ち明け話。




「実は僕、吸血鬼だったんだ。」
と妖精モニに打ち明けるリル。



「えっ!?リル、それまぢ?」

と白々しく答える妖精モニ。
「見ればわかるだろう?」




「僕だって妖精になりたかったのに、
 モニちゃんずるい!」



「ふん、本当はね、私じゃなくて筆者が決めたんだよ!
文句言ったらあんたね、即、降板させられるよ!」






夜の海に出かける事に。





海岸まで飛ぶ妖精モニ。



ヴァンパイアダッシュのリル。



ゆっくり浮遊して行く、魔人ミゲル。



普通に走る魔法使い。
箒はどうした?



やっぱりなんだか可哀想な、
狼男マリオ。。。





海岸に到着。





おっ!ちびっ子妖精を発見。
可愛いかも!!






しかし、着いたとたんに、
愛車プリウスで自宅にとんぼ返りの残念なヴァンパイア。
「やばい!朝になっちゃう!」






朝日の中、楽しく語らう
魔人と魔法使い。







もうさあ。。。
見ていてなんだか可哀想なので、
人間に戻っていいよ!



「スーパーナチュラルの、



バカヤロー!!」
石すら飛んでいかないし、
最後まで浮かない気持ちのマリオだった。






Fin 





Supernatural Episode -2-でした。
3があるかどうかは、約束出来ません。
Supernatural Episode -1- を読む

スポンサーサイト
Edit

Supernatural Episode -1-

スーパーナチュラルで遊んでみました。


通常プレイ記です。


この世帯はストーリー世帯ですが、
ストーリーとは別物で楽しんで頂けると思います。
(ちなみに私は、この世帯が大好きなもので、他の世帯はもっていないのです。) 
メインブログで読みたい方はココ
ネタバレになるかもなので、ご了承下さいませm_ _m  



では行くど!!  



モニちゃんが妖精になりました。
妖精稼業(?)もそれなりに忙しく、金練術の勉強をしたり、



エリクサーを作ったり



殺生丸』のように飛んでみたり。



かと思えば、時には
海老フライか鯱か。。。




そして、ムーンライトフォールズで初めてお友達が出来ました。

幽霊さんです。
お名前はオリヴィア・ゴスさん。
 


「あなたの死因はなんですか?」
「感電死よ。」


 
かなり意気投合したらしく、




しまいには幽霊を、鍛え出した!



修造
が憑衣状態で、
『熱い妖精モニ』って感じです。
『一生懸命生きていれば、不思議なことに疲れない!!』 (by 松岡修造)



ってもう死んじゃっているから!
幽霊さんもいい迷惑。。。



そんなこんなでさらに仲良しに。



「今からちょっとうちに来ない?」
 「いいの?行く行く!!」



モニの彼氏のミゲル氏は、幽霊さんがあまり怖くないらしい。



モニのお兄ちゃんパコ君は、
ちょっと怖い。



リルは幽霊さんをスルーしていたのでSSなし。



一番肝が据わっていたのがこの人!
幽霊にサインしているし!
 「私ファンなんですぅ〜!」



そして、
「そろそろ家に帰らなくてはなりません。」
などと言いながら帰って行った。
墓じゃなくて!?




それにしてもこの妖精ハウス、



すっごく可愛い!!
妖精モニちゃんの願望で、欲しがっていたので購入してあげました。






「Youたちさ、このさいだから引退しちゃいなよ。
 ここはストーリーとは無関係だし、遊ぼうよ!」
という事で、パコ君とマリオは引退しました。
(ストーリーで二人は伝説のアスリート。
設定はサッカープレイヤー。)





引退後、
「なんで僕が狼男なの!?」




「僕ついでにヴァンバイアにされた。。。」
  




お兄ちゃんは魔法使いで。




ミゲルは魔人でお願いします!
 (狼男よりはましだ。。。)






「僕、抜け毛に悩んでいるんだよ!」
ヴァンパイアのパパラッチに愚痴る狼男・マリオ。



「満月にはこんな事にもなっちゃうし!」



「高級スポーツカーを持っているのに、
四つん這いで走らされるし!」



「こうやって、落とし物も探さなくちゃだし。。」
いやちがうって、狩りだよ狩り。
 

「しまいには、
 ヴァンパイヤのお姉さんにも嫌われるし。。。」






そんな狼男の悩みをよそに、





ここでもいちゃつく魔人と妖精。




その後はお外でデート。



「入っちゃう?」
「入っちゃおうか?」



この記事の最後は、
ムーンライトフォールズの、
ロマンチックな最新ウフリングスポットでお別れです。



Fin 



Supernatural Episode -1-でした。
2があるかどうかは、保証出来ません。
と言いつつ、Supernatural Episode -2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。