2012年10月

Edit Edit

Patch1.42

おはようございます。

来てますね、patch1.42。

自動up dateのチェック外し忘れていた><

ああん、もう、おばかさん。。。

情報拾ってみました。
1
2
まだざっくりとしか見てませんが(英語だし><)、
結構良さげ。

『 Remember to Remove Custom Content and MODS before updating. Check with your modding community for updates post patch.』

CCってどうやって抜くんだっけ!?
追記:ランチャーで無効にチェックを入れる。
(Sims wikiより)

という事で、Happy Simming!

PS:よかった!今回は自動Up dateを止める事が出来ました。
Up dateはしばらく見合わせようと思います。
もちろんまだ、シーズンズ入ってないしね!
スポンサーサイト
Edit

メインブログ78話up&ちょっとしたお知らせ

メインブログにて

78.名案

をUp致しました。

よろしかったら見てやって下さい。

Banner-MiguelMoni-banner.jpg

コメを下さるブロ友様、
ひそっと暖かいメッセージを下さる方々。
並びにたくさんのこっそり読者様。

今月と同様、
来月もちょっと多忙で、更新が滞る事もありますが、
これからもよろしくお願いします。

いつもいつもありがとうございます。



ここからはちょっとしたお知らせです。
興味がありましたご覧下さいませm_ _m

お知らせとはSupernatural Episodeのこと。

今持っているSSでしばらく頻繁な更新は無くなると思います。
1,2回分かな。

魔法使いの『愛の祝福』に疲れたので。。。
っというのは冗談で、
このままじゃあメインストーリーがいつまでも終わらない。
その後のスピンオフ、及び外伝も控えているので。
(外伝は話数が多くないので、平行になる予定です。)

というお知らせでした。


HAPPY SIMMING!!
Edit

メインブログ / 77話Upしました&More

 こんにちは!

メインブログにて

77.消息

をUpしました。

よろしかったらどうぞ。

いつもご訪問ありがとうございますm_ _m

Banner-MiguelMoni-banner.jpg 




↓以下、筆者のつぶやきです。↓
興味がございましたらお付き合い下さいませ。



SNが発売されてから、ストーリーUpが遅れている私。

実は下書きは91までもっています。

で、何回も見直すんだけど、この見直す作業って、

すごくしんどい時がある。

SSの不足を感じた時はさらに加えるわけで、

そう言う時は体力。

こっちは気力でカバー出来る。

自分的に重い内容の回の時は精神的にまいる。

今回どうしてこんな事を書いているかというと、

今日お邪魔したブロ友のエコさんの『10/26狂気の果てに』のあとがきを読んでいたら、

『少し書いてみっか、こういう部分を』と思ったわけです。

今回の記事は、

心にずしんと来るような見直しを必要としなかったのですが、

回に寄ってはすごーく重い時があって、

エコさんじゃないけど「なら書かなきゃいいじゃん」と言われそうですが、

でも書きたいしブログにUpしたいと思ってまうのです。

きっとそれが自分に取って必要なことなんだろうなって。

見直しが重く感じる回は、

自分をぐーっと掘り下げて書いた回で、

そう、思い切り度合いで言うと、パンツを次いだ状態というか、赤裸裸な回?

でもね、

不思議とそう言う回のページビュー数は圧倒的に多いのです。

自分自身に向けて書いたものを、

ブログという性質上、

勝手に発信させて頂いて、沢山の方に見て頂ける。。。

とても嬉しく思います。

筆者のつぶやきに付き合って頂き、

ありがとうございます。

HAPPY  SIMMING!!


Edit

Supernatural Episode -38-

こんにちは!
いつもご訪問ありがとうございます。

今日は前説(?)なしで、
いきなり行きます!!

(メインブログではココ)


目の前にすでに食事が出ているのに、
しばし騒ぐ子供。
これを『非常にウザイ』と思う筆者は鬼だろうか?


レイチェルさんは忙しい合間をぬって、


自分の子供に言葉を教える。



そして狼人間の子供の秘密。


こんなに小さくても、
月に吠えたり、


ハントの練習も出来るんだぜ!
ワイルドだろぉ〜?


運がいいと
『虫狩り』も出来る!!
万歳狼人間の子供!


そんなとき、筆者にこんなものが飛び込んで来た!!
なぬぅ〜?


現場はこちら!
ショックだったよね、Dillくん。。。


これで二回目。 以前は隣の魔人と魔法使いの
予期せぬBLだった。  (Supernatural Episode -26-より)  


で、このふたりなんだけど、


もう面倒なので
 『ただの友達』になってもらいました。
だって、そう言う事だけでエピソードを書いてる気がして、


もう嫌気がさしたんだもん。
この二人、驚くほど仲が悪くなるわけでもなく、
安心した筆者。


その後子育て相談なんかしていたし。
「僕たまにどうしていいのか分からなくなって。」
ミリアムさんは子育ての先輩だからね。


「最低限する事は
死なないように育てる事よ!」
確かにそれが一番大切だと思った筆者。


幸いレイチェルさんは何も知る事もなく、


仕事も順調で、


休日返上する事もあるけれど、


こんな感じで
絶大な信用を頂いております。


なもので顧客(?)も増え
子供が一気に四人に!!


こちらが新顔のノーマンくんです。


自分の子供はこうやって
 二人のお兄ちゃんが遊んでくれるし、


ミリアムさんも
手伝ってくれます。


そんなミリアムさんのこの頃の強い願望は、
 『妖精ハウスでウフる』です。


ごめんねミリアムさん。
筆者はWoohooerをアンインストールしちゃったんだ。。。
そして通常状態でどうやって叶えてあげるのが、
わからなくて><


『赤い怪獣』のお兄ちゃんと
 

『そっちの気』があるかもしれない弟。
って、面白がった筆者が着せてみました。
うーん、キモイねw


そして、お兄ちゃんのDillが最近はまっているのは、
ポーション作り。


ゴーストポーションも覚えたりなんかして、
ゴーストになってみる。


でも全部が上手く行くわけではない。


そう。。。
非常に残念な結果になる事も多々あるのだ。


ミリアム:(あなたホントに『残念王』だわ。。。)


という事で、
今回はかなり淡々と語ってみました。

次の回では、ちょっと筆者も混乱したんだけどね!


To Be Continued... 
Supernatural Episode -39-
Edit

Supernatural Episode -37-

 おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。
今朝は寒い><
冷えております。

ではさっそく行きます。


(メインブログではココ)


レイチェルさんは
相変わらず


デイケアサービスに励む日々を
送っている。


ミリアムさんは
それを手伝うというのを口実にして(?)


自分の息子アルフレッドに
べったりである。


どの親だって
自分の子は可愛いもの。


「レイチェル、ありがとう。
あなたの仕事のおかげで坊やに会えるわ。」
「たまたまよ、ミリアム。」


「それでもいいの、あなたにお礼が言いたいの。
本当にありがとう。」
「私も助かっているわ。ありがとうね、ミリアム。」


もとより、レイチェル贔屓の筆者の中で、
この『大人女子達』の株が急上昇中である。


やはり
自分の子供が欲しいレイチェルさん。



ということで、


すこ〜い!!
「相撲取りじゃないわよ。お腹にベビーがいるのよ私。」


「愛の結晶って尊いものなのよ。」
「レイチェルおばさま、よくわかりませんが、
心しておきます。」


「私子供が出来たのよ!!」
「おお、おめでとう、レイチェルさん。」


「触ってみてぇ!!」
「狼っていっぺんに沢山産むんでしょう?
5、6匹はいるんだろうね。」


「ふん!!失礼な魔人だワ!!」


彼女は狼"人間"であって、
狼ではないのである。


うつろな目でマタニティーブルーですか?
「うぅん、身体が重いのよ。早くすっきりしたい。。。」


「レイチェル、
犬系はお産が軽いらしいから、心配しなくても大丈夫だよ。」
 「ありがとう、あなた。」



狼人間もやはり犬系なのだろうか。。。
ということで、


「ひ〜、


ふ〜!」


ポン!



の三拍子で生まれた赤ちゃん。
名前は迷わず"ルイージ"です。
マリオとルイージ。
スーパーマリオブラザーズでは、兄弟だけどね。


そして早速、ミリアムさんの餌食に
「キャンデ奪ったり!!!
こんなのはね、赤ん坊のあんたには甘すぎて毒なのよ。」


そして満月の夜、


ミリアムさんにも
幸せが訪れた。


「ミリアム、ごめんよ。君の人生を狂わせてしまって。」
「リル、そんな事言わないで。」


「確かに最初は隣の魔法使いの悪戯だったけど、
今はそんな風に思っていないから。」
「ミリアム。。。」


「これを受け取ってくれるかい?」


「狼カップルが
飛び切り大きなダイアを見つけて来てくれたんだ!」


「綺麗〜、ありがとう!」
「僕がミリアムを幸せにするからね。」


「リル、ありがとう!!」



で、ルイージ。


みんなに囲まれて、


幼児になります。
端折りすぎてごめんなさいね。


そしてこれが、
ルイージです。
レイチェルさんに似てるかな?


息子の記念すべき瞬間に、


なぜか台所のシンクにささっていた
非常に残念な父親がここにひとり。。。


そしてこれがまさしく
 
『子連れ狼』


でね、余談なのですが、この『子連れ狼』、
 筆者は知らなくて、
海外のお友達とスカイプで話をしていたら、
「"El lobo salitario"を知っているか?
日本のマンガで、今自分の周りで流行っているんだ。
Ogamiがカッコいい!!」
と熱く語られ、wikiで速攻調べ、
そのマンガの存在を知りました。
情報を逆輸入してしまいましたyo!


万歳、日本のMANGA!!

 

ということで、今回はこの辺りでお開きです。

To Be Continued... 
Supernatural Episode -38-
Edit

メインブログ / 76話Upしました

メインブログにて、

76.Happy&Happy

更新いたしました。
よろしかったら覗いてやって下さい。

Banner-MiguelMoni-banner.jpg


この76話は3takes要しました。
なかなか難しかった
&
そして実はこの回は、
すでに上がっている先までの下書き記事に、
差し込んだ記事なのです。

なもので、見直すのになかなか時間がかかり、
もちろん私の『SN狂』も災いしました。

やっと今日Upできて、好かったなと思っています。
肩の荷が下りたように、ほっとしました。

楽しんで頂けると嬉しいです。

HAPPY SIMMING!!
Edit

Supernatural Episode -36-

 おはようございます。

SN エピソード続きです。
後ほどストーリーもUp予定です。

いつもご訪問ありがとうございます♡

PS:実は心身共にすっきりしない日々が続いています。。。


では行くぞよ!!
(メインブログではココ)


レイチェルさんのお仕事は、
デイケアサービス。


「今流行の良い香りのする洗剤を使ってるのよ。」
「ほうほう、それは良さそうですね。
どちらのお店で購入されたのでしょうか?」
と、喋ってるかどうかは疑わしいが。


なんだかんだ言ったって、
自分の子はかわいいよね、ミリアムさん。


デイケアサービスはやりがいのある仕事。
レイチェルさん、あなたなら出来ますよ!


なかなかのできだし、


こんなふうに


喜んで頂いている!



そして、頑張っているレイチェルさんに、
筆者からのプレゼント。
なんといってもレイチェル贔屓ですので。


そう、


花嫁さんになったレイチェルさん。


願望も


出そろったしね!


ミゲルとモニも嬉しそう。


リルだってうっとりしているようだよ。
二人のウェディングパーティーには


沢山の人も集まってくれて、
筆者もとても幸せである。


そうだよね。
忘れちゃいけないのがこの人、
魔法使い。
彼がレイチェルさんをゾンビから(※25)人間に戻して、
狼マリオとの出会いを作ったキューピットである。


みんな、


こんな風に言ってくれて、


モニも、


招待した覚えのない幽霊さんも、


狼の元カノだって、
お祝いしてくれたようだ。


うんうん。
ちゃんと計画通りに行ったと思うよ。


Panini世帯の『残念王』が、
式の始る前ぎりぎりまで宿題をしてたのが、
唯一の心配ではあったが。


そしてまた
穏やか(であって欲しい)日々が始った。


この世帯での蜂の担当は狼で、


こういう事態に見舞われるのも彼であり、


驚くと変身してしまうのが
狼人間の悲しい習性でもあるのだ。


レイチェル:「Dill、おじさんの真似しちゃダメよ!」
Dill:「はい、レイチェルおばさま。」


レイチェル:「お里が知れてしまいますからね。」
って、あなたも狼人間ですよね、レイチェルさん。


というわけで、


礼状を書く狼夫マリオ。
でもこの光の感じって、満月だよね?


レイチェルさんの様子も変だし。


そしてその日の楽しい夕げのあとに、



『王』は降臨したのだ。


『残念王』が!


「マリオおじさまぁ〜、もうやめてぇ〜。。。。」
皿まで身体に刺さり、
残念さが増してしまった『残念王』、
ここに見参!


To Be Continued... 
Edit

Supernatural Episode -35-

 -34-との連投です。
(メインブログではココ)

と、世帯スイッチしたので、
まずはみんなの様子から。


ミリアムさん、


相変わらずですね!


ミリアムさんはヴァンパイアを引退した後、
"悪い"妖精になったことを、ここで触れておこう。
そして彼女は園芸家でもある。


ごめんねうちのミリアムさんが。。。
でもね、ゲーターくん。
まだその若さでお肌のシミが凄いですよ!
しっかりお手入れしましょうね。


レイチェルさんは料理上手が幸い。。。
うーん、災いして、 


今やPanini(パニーニ)世帯の賄い婦である。



筆者はこのレイチェルさんが大好きである。
この方は、筆者が持ち合わせない"女子力"が密かに高い。


今、科学者の道を歩んでいるリル。
そして、リルの前でいちゃつくと、


何故か
マイナスを発動。
因にリルは、ヴァンパイヤを引退後(?)、魔法使いを生業としている。


「レイチェル〜、あなた達の抜け毛が、
家の中に沢山落ちてるんだけど。」
「ごめんなさいね。気をつけるわ。」


そしてレイチェルさんは、子供に好かれるようだ。
Fill:(レイチェルさんは優しいし、向こうより居心地が良いかも。)


世の中えてして下の子とは要領がいいもので、
大人を味方に付ける才能に長けていると筆者は思う。
Fill:「ミリアム様ぁ、だーい好き!」
ミリアム:「仲良くしましょうね。」


そしてここに
要領の悪い『上の子』が。。。  


ミリアム:「あなたいったい何をやっているのですか!?」
Dill:「ミリアム様ぁ、お許し下さいませ〜!」


そら怒られても当然かもよ。
学校をさぼってしまったじゃん。


Dill:「ミリアム様ぁ〜、もう二度といたしません。」
ミリアム:「さて、どうしましょうか?」


ミリアムさんの出した答えはこれだ!!


Dillくん、本当に要領悪いよね。
そう言う時は頭を使って、


Dill:「お父様ぁ〜、なにとぞ、なにとぞお許しを!」


Rill:「もう二度とするんじゃないぞ。」



そうです。そうやって頭を使うのです。
友好度の高いお父様に、
最初から許しを請えばよかったのです。


ミリアムさんは顔は笑っているけれど、
心ではあなたを許していないと思うけどね。。。
 


れから筆者が思い切り驚いた事!!



この子は誰?
ラグス。。。。


まさかまさかのFillのあの人形!!


驚いたよぉ〜!
ストーリーテラーの筆者は、
ここまで突っ込んだプレイはしないし、


これは初めての経験だったので。
Fillしか彼が見えないのね。
 

そしてこの世帯をプレイして、
初めての満月の日。


狼達は当然、変身をする。


。。。


「ひっ、ひぃ〜!!腰が、腰がぁ〜!!!!」


「もう僕ダメ。。。。」


倒れ込むDillにはおかまいなしで、
満月の夜にいちゃつく狼カップル。


前の世帯では
魔法使いが。(SN Episode -15-より)


そしてここ、Panini世帯の『残念王』は、
君に決まり!
引越して来ない方が良かった!?


To Be Continued... 
Edit

Supernatural Episode -34-

 こんばんは!

公私ともに多忙な状態が続いておりますので、
更新がまばらですが、
よろしくお願いしますm_ _m
見捨てないでね♡

いつもご訪問ありがとうございまs。
(メインブログではココ)



筆者がボーッとしているうちに仲良くなっていた
この二人、
まだウフってなかった気がする。


そしていつも魔法使いは、
こんな調子で、


今回はゾンビに『愛の祝福』っていた。
ゾンビ:「あは〜ん♡
"生きてる感"があるこの高揚した気持ち。。。何故!?」


ゾンビになっても、
胸って高鳴るものなのね。。。


Woohooerの餌食はいつもこの二人で、


暇さえあれば
ウフっている。


Dill:(この二人まただぜ。。。)


Dill:(魔人が最近痩せた気がする。
グッフッフッフ!)


子供というものは案外、
"大人の事情"をいろいろと分かっているものである。


そんなある日、
魔法使いと妖精モエは
パーティーに招かれた。


モエの珍しいギター演奏。


えっ!?そんな!
この方がゾンビに!?


そうそう。


魔法使いもたまには良い事しようね。一日一善!
しかしこの"ダサ〜い"スクール水着。。。
なんとかして欲しいぞEAさんよ!


その後、二階に上がって行ったら、
狼を発見した。


狼の笑顔は最高にいけていると思うのは、
筆者の手前味噌であるか!?


「よっ、狼じゃん。」
「パコくん、久しぶり。」


隣同士に住んでいるけど、
案外と会わないものだよね。


「筆者がさ、そっちに行きっぱなしなんだけど、
たまにはこっちにも来て欲しいんだよね。」


という狼の要望に応え、
じゃ〜んっ!


「そうだ、パコくん、聞いても良い?」
「別にいいけど、改まって何を?」


「あのさ。。。僕、前から知りたかったんだけど。。。。」


いや、筆者が知りたかった。


やっぱりそうであったのか。。。
『バイ』かな、とはうっすら感じていたんだけどね。


そして狼の世帯にカメラを移す。


「ガルルルルルルルっ!!!」


凄いショックなんですけど!?
何が起きたんだ、リル!?


なるほどな。
 そのうち治ると思うので、
気にするな!!


そんな君とでも、


ウフってくれる優しいミリアムさん。
 よかったね、リル。


リルの姿が通常に戻ったところで、
 子供を迎えに行く事に。


そうです!
ここからは
この世帯でお送りいたします。


今回は世帯スイッチの回なので、
短いですがこの辺りで。。。


To Be Continued... 
Edit

Supernatural Episode -33-

休日の連投、
行きます!
 

(メインブログではココ)


そうね、DillとFillは隣に引越したいのね。


筆者はね、どっちもどっちだと思うよ。
これぞホントの『隣の芝生』はなんとやら。


「うっ、よくも言ったわね、この若造め!」
「フッ。」



「リルったらなんて失礼なの!」
「ホントの事を言ったまでだ!」


何を言ったかというと、


ところで、"グローバグ"ってなんですか?


それでもウフりたい願望がでるので、
こちらはただの痴話げんかですね。


狼カップルが交配している横で、
クネリ合う二人。


ここでこちら側からの『隣の芝生』が気になった筆者。
なもので、
マリオ視点で『隣の芝生』を偵察する事にした。


「ぎゃっ!」


何が起きた!?


慌ててアクティブ世帯を変える筆者。
もちろんNraasで。


えっ!?
ここにも!


しかも上のSSに刻印された時間とこの噂により、
子供達は学校をさぼった事が判明。
まあたまにはいいよね、っとユルーい筆者。
なんなら学校を削除してもいいのですyo!


その後、一度は起き上がってみたものの、


どうにもこうにも眠すぎて、


その場に倒れ込み、


その後仕切り直して、
半目を開けて眠る表情が、
とても不気味な魔法使い。


パジャマがバグって、
あのださいチェックシャツを着てるのがわかるでしょうか?


そして師匠が師匠なら、
弟子も弟子。


起き上がったFillの横で、
ウフる体制に入ろうとしている、妖精と魔人。


しかし、
「モニお姉様ぁ、僕の"安らかな惰眠"ために
ご本を読んで下さいませんか?」
こんなお願いをするFill。


でも、
そんな二人は簡単には止まらない。 


と、思いきや、
本を取りに行った優しいモニ。


もうFillはね、
読み聞かせを聞く気満々だよ。


おっとどっこい!
モニの動きが止まった!


さあさあ、


どっちをとる?
 妖精モニさんよ!


やっぱりそっち?


「ひっ、ひどい!」


大人に裏切られた可哀想な子供。


でもそのまま引かないのもFill。
 「モニお姉様ぁ!」
「ああ、そうだった。忘れていた。」


そこには、
モニとウフりたい魔人と、モニに本を読んで欲しいFill。
そして、どっち付かずの優柔不断な妖精モニ。
 

「モニぃ〜」
「ミゲルぅ〜」
「モニお姉様ぁ〜」


ミゲルぅ〜に負けそうなFill。


が、
ベッドに先に入ったもん勝ちだった。


読み聞かせ、


そのあとウフることにしたモニ。


モニちゃん、
 
なかなかいい構図だけど、


そのエッチぃパジャマは着替えようね。


勝利の女神はFillに微笑んだ!!の図。
あっ、瞳がデフォのままだった。
後で変えてあげるからね。


ところが、


魔人だって負けてないぞ!


うるさくて、寝られやしないよ!


Fillくんよ。。。。


寝袋で寝たって、同じ部屋にいたら、


こういう事になると思うよ。


「許しがたき魔人!!」
  

「うる


 さい!!」


(そうだ!モエお姉様にお願いしよう!)
 


なぜならば、
モニはDillとすでに眠りについていたからだ。
妖精っていいよね。睡眠を邪魔されなくて。


こっちもこっちで
 


仲良さげだったけど、


ダメで元々、


お願いしてみよう。


「と、言うわけでお願い出来ないでしょうか?」


「と、言うわけでまたね〜!」
「そんなぁ、モエちゃぁ〜ん。。。」


よかったね、Fillくん。


すっかり満足したFillくん。


読んでもらった本はこちら、
錬金術のレシピ本。
さすが魔法使いを目指すだけの事はある。


無事に眠りにつけて、
めでたしめでたし。


この回はストーリーではお目にかかれない非常にレアな、


『臭い』モエ。でお別れです。


To Be Continued... 
Supernatural Episode -34-
Edit

Supernatural Episode -32-

 おそようございます。
イェーイ!

という事で、
土曜出勤というステージも無事にクリアし、
やっと休みです。

風邪は治っているはずなのに、
微熱(といっても37度くらいなので元気)があり、
咳が止まらず胸がずっと
"ゼロゼロ"していた筆者。

昨日、仕事前にクリニックに行ったところ、
"気管支炎"でした><
なんとまあ。。。
でも仕事疲れ以外は元気です!

ストーリーの方の見直しが出来てないので、
今日もSN Episode行くぞ!

(メインブログではココ)


ゔっ!!

なんだなんだ!?
おいおい
毛穴が開いたぜ!


これって『愛の祝福』のせいじゃないんだよ。
 

そのちょっと前まで魔法使いは、
蜂の世話をしていたし。


かなりショックなんですよ、筆者は。。。
SNエピ始って以来のでかいショック><
許しがたい行為!


魔人にだけは、
他の女の誘惑に、絶対に乗って欲しくなかった。


魔法使いとの戯れ
は事故だったけど、
これはモエ様の自主的行動なんだよね><


この件に関しては、
あと10行はうだうだと文句が書けそうだが
この辺りで辞めておきます。


筆者だけではなく、
Dillだって途方に暮れているじゃないか!!


恐るべし自由シムズ、そして自由恋愛。。。。
ある意味羨ましくもある。


確か魔法使いの在庫に、
『強力な不和のエリクサー』があったはず。



ミゲルに渡し投げさせよう。
もうこれ以上の厄介事はごめんだし。
筆者はこの時期、
仕事で心身ともに疲れ果ててるんだから。


っとどっこい、
筆者のミスで、なんと。。。。


魔法使いが妖精モエに投げつけちまった@@


当然結果はこうなる。
あんなに頑張って仲良くさせてたのにぃ!


しかももう、
手持ちのエリクサーがないと来たもんだ!


あんたと妖精モエの件はどうにかなると思うから、
急いでエリクサーを作るべし。


彼の錬金術師としての腕は確かだと思うんだけど、
どうしていつまでも『小瓶洗い』だったのか。。。
納得のいかない筆者である。


そして今度は慎重ね。
そうそう、モエを選ぶんだよ。
(っと自分に言い聞かせる私。)


「ちょっとぉ。なにすんのよぉ?」
「よくわからないが、投げさせられた。」


そしていらつくモエ様。


だけど、とりま、それでいいんだよ。


いや、ミゲル氏。。。
そこまで激しく思わなくてもいいんだけど。。。
しかも追い払ったところで、たったの100ポイントだし。


いつものように、
モエ様だって負けてはないけどね。


筆者的には、
何も知らない妖精モニが可愛くて。


そうそう、
モニはそれでいいんだよ!


世の中には、
知らない方が幸せな事って、
沢山あるからね。


Dill :「最近、家庭内不和が凄くないか?」
Fill :「やはり我々は、
お父様と暮らすべきではないのでしょうか。」


隣に住むお父様と。


To Be Continued... 
Edit

Supernatural Episode -31-

 おはようございます。
いつもご訪問ありがとうございます。
心身ともに重く@@、とてもストーリー気分ではないので、
軽いノリの、こちらで!

皆様のサイトへの訪問も大幅に遅れております。
また改めて、ご訪問させて頂きます。



(メインブログではココ)


「モエ、男には、避けては通れぬ道がある。
先に家に帰っていてくれ!」


「あいよ、おまいさん。」
「おうよ!愛してるぜ、ベイビー。
(お前に見られるとまずいんだ。早く帰ってくれ!)



というわけで、



「ようこそ!もう一人の俺。」



言わずとも知れた
です。



服が赤いのがクローンの方。


お互いをよく知るべく、
さっそくコミュニケーションをはかる。


なかなかいいじゃないの。
オリジナルと一緒。


もうちょっとお互いを知ってみよう。


これも一緒ですね。


おっーと!!
ここで両者睨み合いか!?


クローンPaco:「うへえ〜!」
オリジナルPaco:「おまえって、許しがいた奴!!」



二人
そろっていっせいのーせっ!
 ありえねぇぇぇぇ!!!」



多分ココだと思う。
『運動好き』のオリジナルと相反してしまった特質。


これがクローンPacoの特質データである。


あっ、オリジナルのデータ撮り忘れた。。。
スポーツ好き/フレンドリー/天性の料理人
ユーモアのセンスあり/あとなんだっけ。。。
(後でデータを撮って貼っておこう。)


そしていったい何がしたいかというと。。。。



「Pacoさん、なに?用があるって。」



意気揚々と登場のマリーゴールドちゃん。
 「黙って俺の呪文を聞いてくれ!!」



「いくぞ!!
 
くしゃみ、 鼻水、鼻づまり〜!!!



pacoさん、
 私なんだか。。。。


ああ〜ん、微熱が!!」


「そしてあそこに
素敵なお方!!」


「お嬢さん。鼻が詰まった時には
点鼻薬がよく効きますよ。」


「それから
ネギの湿布もお忘れなく。
焼いたネギをタオルで包み,首に巻くべし。


「まあ、あなたって、とても優しくて親切。
今宵あなたと冒険してみたい。」


「もうすでに、僕はあなたに首ったけ。」
 「あなたと素敵ないたずらもしてみたいワ」


そして、あっという間に


これが


こうなった。


とどめはオリジナルpacoが
『強力な不和の瓶』をマリーゴールドちゃんに投げつけて、


お役目ごめんである。
 オリジナルPaco:「うっしっしっ!!退散退散。」


マリーゴールドちゃんが、いささか可哀想かとも思ったが、
クローンPacoとの一夜の恋が、
本物の愛に変わる事を祈りつつ。。。



しかーし、
神様はそんな『イケナイ策略』を見逃してはくれない!
そう、お約束の『お仕置きタイム』である。



「うわっち、
ハッチ!!」 
これはどうにもこうにもいかんぜよ! 


次回は事件が起こります。

そう、予期せぬ呆れた事件が。。。


To Be Continued... 
Edit

まさに、こんな感じ!

おはようございます。

もうね。。。



「仕事
12.jpg



13.jpg
行ぎだぐない!!」


今の私はまさにこんな感じです。



仕事に行きたくなくて、足取りが重い。。。

おまけに金曜日まで、ビッチリと忙しい。。。


下書きされているストーリーの方 or SN Epiの31、
今日どちらかを見直す事が出来たら、
Upしたいなと思います。


いつもご訪問ありがとうございます。


素敵な一日をお過ごし下さいませ
Edit

Supernatural Episode -30-

 こんにちは!
まだ鼻周りがすっきりしなくて、重ーい筆者。。。
明日から仕事、行きたくない!><

という嘆きはさておいて。。。。

いつもご訪問ありがとうございます。
(メインブログではココ)


前回の記事は、
実は一週間前に下書きしたものだったのだ。
ゔっふっふ!!
本当の復活記事はこの回です。


公私ともに大変多忙で、
体調も優れずに
心身共に癒されたかった筆者は、


筆者のオシメンLOVE『ミゲルぅ』の行動を
ストーカーのように追って『ウフウフ』してみたり、


この二人のカワイイ(実は腹黒い)笑顔に
胸キュンしてみたり。


だけど約一名、
ここに平穏を許さぬものがいる。
「まいどぉ!!」
っと言ったがどうか知らないが。。。


ホント、久々にゆっくり会えたのに、これだよ。
それまでは、頑張って起動をしても、
15分で『シムズ3を終了する』日々だった。


でもさ、でもだよ!


私の貴重な15分を、
あんた達の完全仲直りに費やしたやんけ!!


愛情マックスまではいかなくとも、


自発的にキスまで出来るようになったじゃんか。


なのになのに。。。
ちょっと目を離すとこれだしね。



『エリクサー』が思ったように売れず、
万年『小瓶洗い』の魔法使いを『占い師』にするべく、
ジプシーキャラバンに送って放置しておいた結果である。



おまけに、


ものの見事に


フラレてやんの。。。
これはまさしく『ウフリ未遂』の結果です。


とまあ、ここまでひっぱって来たのですが、
その相手が誰であるのか、


そうです。
 

例の彼女です。


この子もなんでこういうところに、


ヒョロヒョロと現れるのかなぁ。



魔人ミゲルに
『Moeに惹かれている』と打ち明けたばかりではないか!?


「今度は仲良くね。」
と、言ってくれていたと思うよ。


蜂に刺される&ぼられるで
いい事ないのは知っていたけど。



今回は『過去を清算』は
使う気がない筆者。


他の方法を考えねばなるまい。


それともいっそ
妖精モエとお別れしちゃう?


この『愛の祝福』乱用。
なんとか出来ないものなのか!?


筆者のSN エピソードは、
『愛の堂々巡り記』
になりそうな気がしてならないのである。。。


今回は非常に短いが、
魔法使いのこの『悪行』のせいで、
筆者の風邪がぶりかえしそうなので、
この辺りでお開きでござる。


To Be Continued... 
Edit

Supernatural Episode -29-

 こんにちは!
ご無沙汰いたしました。


まだなんとなーく、
体調の優れない状態なので、
久々の更新は、Supernatural Episodeで
軽めに試運転したいと思います。

あん、
右カラムのカレンダーの大きな虫食いが、
妙に切ない。。。


でも、行くど!
(メインブログではココ)


久々の記事は
相変わらずの魔法使いから始る。


「ゔ〜っ!!


あいつ、ゼッテイ呪ってやる!!。」




そして、よそ様のお宅でも。。。



「ゆっくりなさっていってね。」
「ありがとうございます。」


この麗しのマダム(名前は忘れた)の
ホームパーティーに招かれた日。


「ふんっ!!」


「ふんっ!!」



相変わらずの仲の悪さ。


「なにメンチきってんのさ!」
 「お前が先だろう!?」


と言ってるかどうかは定かではないが、


「お前のすべてが気に入らないんだよ!!」
 
「私だって同じだわサ!!顔も見たくない!!」


って、おい!!
女に手を挙げるとは
許されてはならない行為!!
Sims3の生まれた国=USAでは当たり前なのか!?


でもね、心配しないで。


「やりやがったな!この魔法使い!!!」
「おうよ!!」


「あんた、相手を選ぶんだね!
この腰抜け魔法使いめ!!」
「ひい〜。。。」


「さあ潔く降参しな!!」


そして、
それだけじゃあ終わらないのがモエ様。


「あっ!
UFOだ!」


「隙あり!!」


「うひょひょひょひょ。
家の中にUFOが飛んでるわけないじゃん!!」


「ポッポー!!」


でね、筆者はこの一枚がなんだったか、覚えていなくて、


その次はこれだったんだけど。


でも魔法使いって、
案外『M』なのかもしれない。。。。
+マーク出してるし。


その後は、


パーティーを楽しみ、




招かれた家に遅くまでいるのがお決まりで、
そして、さり気なく(?)外に出される。



「お兄ちゃん、火傷してるじゃん。
モニが手当してあげるね。」


「ゔぉぉおぉぉぉぉぉ!!!!!」
 「ほらね、気持ちいいでしょう!?」
 

そしてやっぱり
魔法使いは『M』だと思う。 


「モニ、ありがとう!荒療治だけど効きそうだよ。」
「どういたしまして。(クックックッ。。。)


でもちゃんと
シャワーは浴びてね。


その頃庭で屯する
 お客さん&その他の三人。
これは特に意味がない一枚ですが。。。


その後、魔法使いにカメラを戻すと、
あら〜。
またやっちゃったのね『愛の祝福 for 自分』


そこにやって来た妖精モエ。
仲直りのチャンスかも。


と思いきや、


これだよ。。。


「いきなり何しやがんだ!」
「兄さんよォ、敵に背中を見せてもいいのかい?」


と、次の瞬間。。。


目が思いっきり"三角形"の魔法使い。


「オラぁよぉ
そんなオメエに惚れているぜい!」
「アンタ!
やっぱりアタイにはアンタしかいないよ!」


二人の足元に散らかる、激しい喧嘩の後の残骸と、
熱い口づけのギャップが
やけに"いいな"と思った筆者であった。



このまま行くと、
この二人の"離れてはくっつき"の
どうしようもない繰り返しに付き合わされそうだな、
と思いつつも、
To Be Continued... 
Edit

一週間ぶりです!

こんばんは!

一週間ぶりです。

仕事が非常に忙しく今日までノンストップ仕事、
椅子から転落し右の横尻打撲><、
風邪っぴきの三重苦で、見事に心が折れました@@

大好きなシムズもできず、萎えまくり↓。

コメレスも遅くなっていてすみません。

明日また、ゆっくりと拝見して、心を込めてレスさせて頂きます。

皆様、素敵な週末の夜を!!

ちと早いですが、おやすみなさいm_ _m


PS:発売日に即買いしてしまったストアコンテンツ!
人目惚れでした@@
Thumbnail_688x336.jpg
Edit

Supernatural Episode -28-

こんにちは!
今日はすでに下書き状態にあった
こちらの記事をUpします^^

筆者が公私ともに、
いつもよりちょっぴり多忙に付き、
コメレスが遅くなります。


私的部分でこんな事があったので(要調整・悲!)
私が楽しみにしている、
皆様のブログへの訪問も大人しくなります。。。


さて、
今回は世帯分割させた方の、もう一つの世帯の方です。
前回までのカオスでお疲れ気味の私は、
この"二組のカップル"(ショアにもいるよね!)
に癒されたいと思いますw

(メインブログではココ)



息のあったカップルとは、
見ていて気持ちのいいものである。


遊びに来ていたミゲルに
何を思っているのかはどうでもよく


"夫唱婦随"、
いや、恐らく今の時代は"婦唱夫随"なのだろうが、


それを連想させる
このシンクロリアクションが素晴らしい!


おまけに
 誠実。


そうそう、リルにもミリアムさんと同じ
"悪い"特質をプレゼントしてあります。


でも心配なのがこれ。。
ヴァンパイアカップルが太陽の下でデートをする事。


ヴァンパイアの行動時間の制約は、
本当に可哀想。。。


という事で、
話し合いの結果、


こちらがリルの
"最後のヴァンパイヤダッシュ"となります。


向かう先はここ。


このチャンスを
受諾したので。


「ミリアムも行っておいで。
痛くも痒くもないから心配しないで。」


「僕はここで待っているよ。」


そして葛藤しつつも無事に、
ヴァンパイヤから足を洗った。


チリチリと太陽にいぶられて、
灰になられては筆者も困る。


ただし、
『この街に住むからには、人間ではいられない』
のが我家の掟!


何になるかは思案中。


というわけで、


 本日のコースの始まりは
"前菜のたっぷり盛り"だったが、
"メインディッシュ"はこちら。


さっそく

それぞれが
 
清算に向かう。


先ずは狼マリオから。


「ふんっ!」


当然そうなるよね。。。
今回もマリオの自発行動ではないけれど、
それが言い訳にならないのが、この街の法律だと筆者は思う。


そんなとき"お知らせ"が。。。


もしもーし、
レイチェルさん!?
(筆者はレーチェル読みより、一般的なレイチェル読みの音の方が好き。
因みに、どちらも綴りはRachelである。)


筆者の誤りは、
二人を"同時"にそれぞれの場所に向かわせた事。
カメラは一台やん!


どうなってるんだろうか。。。
とドキドキしながら、カメラをレイチェルさんに移す。


何も指示を出してないのに、
レイチェルさんは、
"自発的"に別れを切り出していたようです!
レイチェルさんへの好感度がかなり上がった筆者。


「あんたとはこれで終わりよ!」
と言ったんだと思う。


怒りにふるえ、変身する相手。
 "短気"な特質のせいかな、
と筆者は思った。


「あ・り・え・な〜い!!
そう言うところが嫌なのよ!」


そして
気絶。。。


なもので
あなたの願望を叶えますよ、レイチェルさん!!
これは便宜上とかそんな合理主義的なものでなく、
真心を込めて叶えます。
あなたの願望を!!


でもプロポーズは男性からの方が好いよね。
そしてお決まりのこのアクション


「リルが落とした牙で作った、
飛び切り頑丈な台付きの指輪だよ!」


牙がダイヤの代わりなのは、さすがに申し訳ないので、
台に加工させて頂きました。
 

「嬉しいわ!私、ゾンビから蘇ってよかった!」
 思い起こせばレイチェルさんはゾンビだった。。。


「レイチェル、おいで!!」
レイチェルさん、ハグより指輪かよ! 
 

そして"本日のデザート"はこちら。
今回は、素敵な表情の一枚が撮れたので
フォトショでちゃんと画像加工をした
このSSでお別れです。


To Be Continued... 
Supernatural Episode -29-
Edit

Macの"Exception raised"

(あくまでも"参考"になればという事で、
コメントクローズさせて頂きます。)

出た出た!
お約束と化している、

『Exception raised』
in Sims3 for Mac


やれやれです><
今日の夕方からと明日一日仕事なのに!


10-6.jpg 

この問題はEAとSims3 for Macのいたちごっこというか、
EAはろくにフィックスも出来ずにお手上げなんだそうです。
(確かにLinuxがベースのMac OSとWin OSとでは、
相当違うと思うので。)


フォーラムでどなたかが、素晴らしい事をおっしゃっていた。

"EAスタッフはMacの事になると、逃げ腰になる。
世の中には沢山の"Macの天才"がいるので、
委託をすればいいのに!!"
(↑英文意訳)
私はもちろん
"I agree with you!"


というわけで、


今回の私の対処法。
(検索で来られた方の為に参考になるかどうかは分かりませんが。。。)
Exception raisedがプレイの途中に起きていたので、
今回はModもCCもそのまま残し、
街を新規で作り直しています。
(セーブデータ肥大化の予防になると思いました。)


ラッキーな事に、
最新のデータで世帯のバックUpをバッチリ取っていた
&
それがすべてカタログに入れてある。


設置&プレイする事、2時間。
問題はありませんでした。


でも忘れていた。。。
スーパーナチュラル、世帯のBUとっていない事を@@


"世帯のBUとってないよ。。。"という方。
このException raisedが来るタイミングがプレイ中なら、
速攻カタログに入れて共有でBU(.sims3pack)をとる。
BUしたものは、
Documents(書類)>The sims3 or シムズ3>Exports
に入ってきます。
リインストールしない限り、
カタログに移された世帯は消されません。
("家"ごとBUを取ると、建築物も一緒にBUされます。)


私がいろいろと調べたところ
"Exception raised"
の原因として、


1.EAのサーバーに問題あり
(Macのセキュリティーとの絡み?これが殆どだそうです。)
2.Saveデータに不具合
3.カスタムコンテンツ(CC)&Modが原因
4.エラー12と同じく、セーブデータの肥大


これ以外にもあると思うけど、
こんなところだと思います。

そして、
CCやModはやたらにぶち込まないのも一つの策だと思います。

私の場合は、
3〜4人のお気に入りのクリエーターさんだけでまとめています。

因に使用Modは
Nraas
Animator(まったく使ってないかも)
Decensor
MasterController(With Cheats)
Overwatch
Whoohooer(基本的に重いModなので、
SNでは入れたりするけど、他では入れていない。
アンインストールが面倒だけど楽しいMod^^)
Pose関係は使う時だけ。
いつも入れていると重いので。
あとPeggyさんの髪とか、プラリネさんの瞳など。


ちなみに前回は
ランチャー起動の時点で"Exception Raised"が起きたので、
思い切ってSim3をアンインストールしてリインストールしました。
その方が早いと思ったので。


今読み返したら、大して有益な情報でもないかもですが、
こんな場合にこういう方法もあるよ!って感じです。

あくまでも参考ですので自己責任でお願いします。


HAPPY SIMMING!!
Edit

メインブログにて75話Upしました

こんばんは!

ご訪問ありがとうございます。

メインブログにて

75.恋敵

をUpしました。

よろしかったらお暇つぶしに覗いてやって下さい。

Banner-MiguelMoni-banner.jpg

今週は仕事がちょっと忙しくて><、
コメレスが遅れ気味になります。

よろしくお願い致します。
Edit

Supernatural Episode -Extra 2-

 
緊急速報!?
(メインブログではココ)

Supernatural Episode -27-
にて、
魔法使いパコと妖精モエが、
覚えのない呪文によって 犬猿の仲になってしまったのですが、
原因が解明されました。


ネタバレ
になるかと思います。
知りたくない方はここでUターンを願います。


では行くど!


まずは再現行きます!
忠実じゃあないけど。。。
 (画像はクリックで大きくなります。)


自分自身に『愛の祝福』を唱える。


 -27-
の時のように、


ひたすら唱え続ける。
 
 
時々『陽光の祝福』も混ぜてみたり。


また『愛の祝福』。


魔力がなくなっても、
唱える。


魔力がないのに魔法を使ったので、
呆然としているけどおかまいなく、


唱え続けると
こんなんがでました!!
『敵は近い』


ここまで引っ張りましたが、
結局は魔力が底をつくと、
こういう呪文になってしまうという事だと思います。


因に他の呪文でも同じになるのかどうかは
未確認です。


Supernatural Episode -Extra 2-
The End
Edit

Supernatural Episode -27-

こんばんは! 

ご訪問ありがとうございます。
  (メインブログではココ)


- はじめに -
今回の回も、予期せぬ出来事勃発のため、
差し込み記事となりました。



では行くたい!

厄介者はどうしてこんなに、
『愛の祝福』に執着するのか。。。


そして餌食はこちらさん。


だから君は
いつまでたっても『小瓶洗い』。


そうそう、その調子。


たまには働こうね。


そしてそのとき、
予測不能 
な内容のお知らせがきた。。。


なにぃ????


なんだとぉおおお???
見つめ合う、2体(?)の妖精。
 

ギョギョギョッ!!


魚くん、教えてしんぜよう。
これこそが本当の
『ギョギョギョッ!ギョ魚!!』だよ!
 

どうしてこうなったのか。。。
筆者はずっと、魔法使いを見張っていたので、
"自発的"としか思えません。
 

とうとう筆者はこのBlogの注意書きに、
「筆者も予期せぬBL & GLあり。」
と書かねばなるまい。。。
 

当然こちら。
MasConでもいいんだけど、
こちらは"エピソード"なので、なるべくこういう手段を使いたい。
(注意:ストーリーとエピソードの違いは、
筆者の頭の中にだけある。笑!)




 ああ、そうだった><
彼氏彼女の仲以上か、フィアンセ以上でないと、
友達に戻るんだった。。。


プロセスの繰り返しが面倒だけど、


『愛の祝福』
「アッ、ふ〜ん♡」
 

『キス』


で、簡単にここまでいくこの二人。


そしてバン、


ババン。



ありがたい読者の皆様へ
これはあくまでも、筆者の横着。。。
いや、便宜上の婚約ですyo!
&、ここはパラレルワールドですのでストーリーとは別物という事で、
ご了承下さいませm_ _m


さてと
とりま、先に進みます。


ここから数枚のキャプは、"非常にしつこい"ので小さくしました。
クリックで大きくしてご覧下さい。
特に時系列に注目。


その1
その2
その3
その4
その5
その6
魔力が切れようがなにをしようが、
自分自身に『愛の祝福』時々『陽光』を
ひたすら唱えまくる魔法使い。。。


こんな画像も見つかって、
よくよく見たら、貴様。。。
朝5時台にはすでにそうであったのか!?
"その0"があったとは。。。
言葉なし。。。。


ああそうだった!


この魔法使い、
魔人ミゲルと"昆虫採集"をしにここに来たんだった!


♬魔人さん、お逃げなさい♬
("森のくまさん"のリズムでヨロ)



と同時に、妖精モニ(妹)を呼んで話をすれば、
効果は消えるかと思い呼んでみた。
「お兄ちゃん、野菜が万年豊作たい!!」
(なんで最初におまえと口を、きかにゃあならんたい?)




そうだ!
  京都に行こう!
 (版権フリー 金閣寺)
 

じゃなくて


家に帰ろう!
モエと"最初の会話"をすればいいやんけえ。


と思いきや、
 
いきなり喧嘩が勃発した。。
なぜだ!?
 ええええ。。。???



さっきの怒濤の『愛の祝福』の途中から
このマークが付いていたんだけど、
この敵ってなんの呪文?
それともエリクサーを自分で飲んだのか!?
いや、モニと口をきいてたし。。。
原因究明の価値が大である。


しかしなんだか面白そうな展開でござる。


ウヒヒヒヒ。




さて
この回の最後はこの一枚で。




撮影:筆者
題名:あの頃は ha!


このふたりの今後が面白そうなので、
しばらく追ってみたいと思います。
保留になっている記事は、
タイミングをみてUpさせて頂きますm_ _m

 To Be Continued...
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。