2012年10月15日

Edit Edit

Supernatural Episode -29-

 こんにちは!
ご無沙汰いたしました。


まだなんとなーく、
体調の優れない状態なので、
久々の更新は、Supernatural Episodeで
軽めに試運転したいと思います。

あん、
右カラムのカレンダーの大きな虫食いが、
妙に切ない。。。


でも、行くど!
(メインブログではココ)


久々の記事は
相変わらずの魔法使いから始る。


「ゔ〜っ!!


あいつ、ゼッテイ呪ってやる!!。」




そして、よそ様のお宅でも。。。



「ゆっくりなさっていってね。」
「ありがとうございます。」


この麗しのマダム(名前は忘れた)の
ホームパーティーに招かれた日。


「ふんっ!!」


「ふんっ!!」



相変わらずの仲の悪さ。


「なにメンチきってんのさ!」
 「お前が先だろう!?」


と言ってるかどうかは定かではないが、


「お前のすべてが気に入らないんだよ!!」
 
「私だって同じだわサ!!顔も見たくない!!」


って、おい!!
女に手を挙げるとは
許されてはならない行為!!
Sims3の生まれた国=USAでは当たり前なのか!?


でもね、心配しないで。


「やりやがったな!この魔法使い!!!」
「おうよ!!」


「あんた、相手を選ぶんだね!
この腰抜け魔法使いめ!!」
「ひい〜。。。」


「さあ潔く降参しな!!」


そして、
それだけじゃあ終わらないのがモエ様。


「あっ!
UFOだ!」


「隙あり!!」


「うひょひょひょひょ。
家の中にUFOが飛んでるわけないじゃん!!」


「ポッポー!!」


でね、筆者はこの一枚がなんだったか、覚えていなくて、


その次はこれだったんだけど。


でも魔法使いって、
案外『M』なのかもしれない。。。。
+マーク出してるし。


その後は、


パーティーを楽しみ、




招かれた家に遅くまでいるのがお決まりで、
そして、さり気なく(?)外に出される。



「お兄ちゃん、火傷してるじゃん。
モニが手当してあげるね。」


「ゔぉぉおぉぉぉぉぉ!!!!!」
 「ほらね、気持ちいいでしょう!?」
 

そしてやっぱり
魔法使いは『M』だと思う。 


「モニ、ありがとう!荒療治だけど効きそうだよ。」
「どういたしまして。(クックックッ。。。)


でもちゃんと
シャワーは浴びてね。


その頃庭で屯する
 お客さん&その他の三人。
これは特に意味がない一枚ですが。。。


その後、魔法使いにカメラを戻すと、
あら〜。
またやっちゃったのね『愛の祝福 for 自分』


そこにやって来た妖精モエ。
仲直りのチャンスかも。


と思いきや、


これだよ。。。


「いきなり何しやがんだ!」
「兄さんよォ、敵に背中を見せてもいいのかい?」


と、次の瞬間。。。


目が思いっきり"三角形"の魔法使い。


「オラぁよぉ
そんなオメエに惚れているぜい!」
「アンタ!
やっぱりアタイにはアンタしかいないよ!」


二人の足元に散らかる、激しい喧嘩の後の残骸と、
熱い口づけのギャップが
やけに"いいな"と思った筆者であった。



このまま行くと、
この二人の"離れてはくっつき"の
どうしようもない繰り返しに付き合わされそうだな、
と思いつつも、
To Be Continued... 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。