Edit

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit

Supernatural Episode -30-

 こんにちは!
まだ鼻周りがすっきりしなくて、重ーい筆者。。。
明日から仕事、行きたくない!><

という嘆きはさておいて。。。。

いつもご訪問ありがとうございます。
(メインブログではココ)


前回の記事は、
実は一週間前に下書きしたものだったのだ。
ゔっふっふ!!
本当の復活記事はこの回です。


公私ともに大変多忙で、
体調も優れずに
心身共に癒されたかった筆者は、


筆者のオシメンLOVE『ミゲルぅ』の行動を
ストーカーのように追って『ウフウフ』してみたり、


この二人のカワイイ(実は腹黒い)笑顔に
胸キュンしてみたり。


だけど約一名、
ここに平穏を許さぬものがいる。
「まいどぉ!!」
っと言ったがどうか知らないが。。。


ホント、久々にゆっくり会えたのに、これだよ。
それまでは、頑張って起動をしても、
15分で『シムズ3を終了する』日々だった。


でもさ、でもだよ!


私の貴重な15分を、
あんた達の完全仲直りに費やしたやんけ!!


愛情マックスまではいかなくとも、


自発的にキスまで出来るようになったじゃんか。


なのになのに。。。
ちょっと目を離すとこれだしね。



『エリクサー』が思ったように売れず、
万年『小瓶洗い』の魔法使いを『占い師』にするべく、
ジプシーキャラバンに送って放置しておいた結果である。



おまけに、


ものの見事に


フラレてやんの。。。
これはまさしく『ウフリ未遂』の結果です。


とまあ、ここまでひっぱって来たのですが、
その相手が誰であるのか、


そうです。
 

例の彼女です。


この子もなんでこういうところに、


ヒョロヒョロと現れるのかなぁ。



魔人ミゲルに
『Moeに惹かれている』と打ち明けたばかりではないか!?


「今度は仲良くね。」
と、言ってくれていたと思うよ。


蜂に刺される&ぼられるで
いい事ないのは知っていたけど。



今回は『過去を清算』は
使う気がない筆者。


他の方法を考えねばなるまい。


それともいっそ
妖精モエとお別れしちゃう?


この『愛の祝福』乱用。
なんとか出来ないものなのか!?


筆者のSN エピソードは、
『愛の堂々巡り記』
になりそうな気がしてならないのである。。。


今回は非常に短いが、
魔法使いのこの『悪行』のせいで、
筆者の風邪がぶりかえしそうなので、
この辺りでお開きでござる。


To Be Continued... 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。