Edit

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit

Supernatural Episode -20-

こんばんは。
SN Episodeの続き、
まずは1話分がまとまりました。 
お目汚しかとは思いますが、楽しんで頂けると嬉しいです。


まずこれからの筆者の使命として。。。
1.マリーゴールドちゃんとリルの関係、
及びミリアムさんと関係を持ってしまったリルのその後。
2.マリオと委託販売所のお姉さんのその後。
3.備考として、Woohooerの威力の再確認。
以上3つに絞り込み調査すべし!


※なお、貞操観念の強い方は、
ここから先はご遠慮下さいm_ _m


という事で、前回からの続きです。
(メインブログではココ)


これはまあ、そんなに面白い絵図ではないけれど、
あえて言うなら
ウフれた男二人と、ウフれなかった男の図ってところですね。




魔法使いはどうやら"魔法(?)委託販売所"で、
 一晩明かした模様。
って実はもう、お昼過ぎなんだけど。


"おい、魔法使い、帰りに委託販売所の裏庭で、
蜂蜜パクってこいよ!"


という筆者の指示でパクリ中。
因に、掃除と餌やりはお店の人の仕事なので、
しなくてよし!




カメラは家に戻って、




調理中の妖精モニを捉える。
 


筆者はシムズ3の料理の中で、
唯一食べてみてもいいかなと思えるのが、
この"点心"。


「リル、あんたさあ。
女ってのはね、ウフるだけじゃあなだめなの。


イタリアンとかフレンチとか、寿司でもいいし
食事に連れて行ってあげないとダメだよ!。」
と点心を食べながら説教をする妖精。




そして食後、
庭で呪文を唱えだす。




「かしこみ、かしこみ〜。
天の神、水の神、豊穣の神〜、
 

ありとあらゆるこの世の神よ〜、
与えたまえ〜、 潤いを〜。
この大地と生きとし生けるもの〜、そして心に潤いを〜。
与えたまえ〜、財布とお肌にも潤いを〜。


雨雨降れ降れもっと降れ、
私のいい人連れて来い〜。(from 雨の慕情 by 八代亜紀)


どろろ〜ん!





「モニちゃん、なによ〜。
私もう寝ていたのに。。。」




そう、筆者がサモンフレンドで呼んでもらった。
もちろん今後の展開調査のために。




「マリーちゃん、ごめんね。」


「まあいいけどさあ。」





って、もしも〜し!?
なんと、お出かけであられるか?




セクシーな出で立ちのマリーちゃんには、
しばしお待ちいただこう。




その間、悪戯妖精は、



子どもの大切なお客様に、


「あなた眠いの?
手伝っちゃるね!」


子どもの大切なお客様:「ちょっとあなたぁ、なにするのよぉ!!」
結果は当然、


赤マイナス。。。




そしてリル様のご帰宅。



筆者はね、「ただの友達になる」だっけ?
そうなってもらおうと思ったの。
ミリアムさんの方は離婚しちゃっているし。。。


ところがぎっちょんちょん!


「今狩ったばかりの獲物の血染めの花だよ!」
 「まあ、新鮮!」
 



でも考えてみたら、
リルは一回、命を落としているんだよね。。。
ここはちょっとだけ"静観"という筆者の"捩じれた"優しさを。。。


そして、どうせ重い思いをして入れるならと、
数値を高くした筆者だが。。。
嬉し恐ろしWoohooer!




それ以外、
タネ(Riskyは切っているので)も仕掛けもございません。




"およそdeウフフ"
意気揚々のマリーゴールドちゃん。


リル、明日はちゃんと、
関係を整理しようね。。。


明日の"清算"も知らずに(ごめんね。。)、
勇み足で帰って行くマリーゴールドちゃん。


 "およそdeウフフ"がそんなに嬉しいのか!?
っとそこに、


またまたリルが。。。
何をするのかと思いきや、


クネッ


クネッ




そして
あっは〜ん♡




さらに




『同意の上』で







もひとつ
バッキューン!!!




ちょっとWoohooerの設定を
見直さなくちゃあいけないようだ。。。


こっちに影響がないようにはしているけれど。
 「俺はモニに"永遠に誠実"♡」



To Be Continued...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。